【6年後】無塗装ウエスタンレッドシダーでつくったウッドデッキの経年変化

早いものでウッドデッキをつくってからもう2年が経過しました。自分がウッドデッキをつくるにあたり、一番気になったのが経年変化の様子でしたので、記録として残していきたいと思います。数年後には塗装すると思いますが、どこまで無塗装のままで行けそうか検証してみたいと思います。参考になれば幸いです。

6381

当サイトでは管理人の個人的な経験に基づき商品やサービスの紹介をしております。業者から直接依頼を受けたり、報酬を得て掲載した記事はありません。ただし商品やサービスの紹介にはアフィリエイトリンクを使用させていただいております。遷移先のサイトで購入や申し込みをされた場合、このサイトが報酬を得る場合があります。

竣工時(2017年12月末の様子)

今あらためて見てみると、竣工時は木に艶があってとてもきれいですね。色も鮮やかです。

1年後(2018年12月末の様子)

山の中で風雨が激しく、夏は湿度が高いので、どうなるか心配でしたが、順調にグレー色に変化しているように見えます。残念ながら、ビスを打ったところから雨だれのようなシミができてしまっています。

1年だと、まだそれほど反ったり割れたりすることもないですが、ちょっと数年後には危うそうな部分も出ています。なお、リスに手すりをガジガジされたのが唯一の被害(笑)です。

↓この角の手すりが特に汚れているのは、すぐそばにアズキナシの木が植わっていて、樹液が落ちてくるためです。

↓いつもえさの皿を置いている付近をリスにガジガジとやられました。隙間にひまわりの種が落ちていたようです。

↓柱脚のアンカーボルトを隠すため、夏に防水モルタルを盛りました。

2年後(2019年12月末の様子)

全体にグレー色への変化がかなり進みました。樹液による汚れもひどくなっています。しかし、まだ反りはほとんどありません。汚れはデッキブラシで掃除してみたところ、少しきれいになりました。これならまだまだ行けそうな感じがします。

↓手すりの突きつけ部分。1年目はリスにはガジガジされたのですが、2年目はアカゲラに壊されかけました(笑)

詳しくはこの動画で・・・7:34あたりから

↓汚れがかなり目立ちます

↓この辺の汚れが一番ひどいです

↓デッキブラシで掃除してみたところ、かなりきれいになりました。

6年後(2023年11月半ばの様子)

いきなり飛んで6年後・・・

大きな損傷はありませんが、割れが目立つようになってきました。木目も浮き上がってきて、これはいい感じです。木材へのダメージを心配して、デッキブラシで掃除をしてきたのですが、結局(しんどいので)昨年から高圧洗浄機を使うようになってしまいました。しかし、もうあまりきれいになりません。大がかりな掃除は面倒なので、1年に1度しか行わずに来たからかもしれません。そろそろ塗装するか悩みどころですが、最近、塗料も値上がりしてしまったので、このまま突っ走ると思います・・。

↓木目が浮き上がっていい感じです。ただし割れも目立つようになりました。

↓手すり突きつけ部分・・・野鳥さんたちのおかげでここまでボロボロに・・笑

↓割れていますが・・まだ使用に支障はありません。

↓角の樹液が落ちるところは、もう黒い汚れが取れなくなりました。

所感

んだん色あせたり、割れたりしてくるのは仕方ないですが、こうやって比べてみるとはっきりと違いがわかるのは面白いですね。多分このまま無塗装で行くと思いますので、放置してどこまで行けるのかを検証してみたいと思います。