【最大6kgまでOK!!】容量12kgの洗濯機で5kgのこたつ布団(毛布)を洗ってみた話

ダイニングこたつで使用している超大型こたつ布団(ほぼ毛布・重量5kg)をコインランドリーに行かずに洗濯したい・・・これを家で洗濯できれば、コインランドリーに行く必要がなくなります。いつまでつづくかわからないコロナ禍、町に出かける頻度を減らすため、今回、思い切って洗濯容量12kgの洗濯機を購入しました。はたしてちゃんと5kgの毛布こたつ布団は洗濯できるのか・・・情報をシェアしたいと思います。

263

容量12kgの洗濯機だけが6kgまでの毛布を洗濯可能

分の家にある最大の洗濯物は、5kgの超大型ダイニングこたつ用こたつ布団(ほぼ毛布)です。このこたつ布団は、これまでコインランドリーに行かなければ洗濯できませんでしたが、これを自宅で洗濯すべく、洗濯機を買い換えることにしました。

ちなみにダイニングこたつ用のこたつ布団とはこんなのですが、自分ちのはもっと分厚くて重いやつです。

こたつ布団のためにわざわざ洗濯機を買い換えるのはちょっと馬鹿馬鹿しくも思えますので、最も安い洗濯機を必死で探してみました。もちろんドラム式の洗濯乾燥機など不要です。縦型の全自動洗濯機で乾燥機能など何もない、ただ単に5kg以上の毛布を洗濯可能な洗濯機で最も安価なもの・・・探すのは結構大変でした。

容量10kgの洗濯機の場合、毛布は4.7kgまで

容量10kgの洗濯機は、場合によっては5万円台で購入可能なため、できればそれを購入したかったです。しかし必死になって探してみましたが、10kgの洗濯機の場合、毛布は4.7kgまでしか洗濯できないようでした。

例(2020年9月現在・価格は楽天で検索していますがかなり上下していますので再度ご確認ください)

メーカー 品番 価格
(※楽天最安値)
洗濯容量(kg) 毛布(kg)
TOSHIBA AW-10M7 53,914円 10 4.7
アイリスオーヤマ IAW-T1001 59,800円 10 4.0
AQUA AQW-GV100H 86,780円 10 4.5
SHARP ES-GV10D 79,800円 10 4.2
Panasonic NA-FA100H7 97,000円 10 4.2
HITACHI BW-V100E 99,800円 10 4.7

 

上記の東芝AW-10M7は調査時最もコスパがよかったので、これを購入するか悩みましたが、5kg以上ある毛布を問題なく洗えるのか・・洗えなかった場合本当に無駄な投資になるため、このランクの洗濯機の購入は見送りました。

自分のところのように、超大型ダイニングこたつ用こたつ布団を洗濯する必要がなければ、AW-10M7を購入するのが最もよい選択と思われます。自宅にあるダブルサイズの毛布(かなり厚い)の重量を計測しましたが、たったの3kg程度しかありませんでした。

なお、毛布などの重量測定には、スーツケース用のはかりを利用すると便利です。自分はこれを使っています。

容量12kgの洗濯機の場合、毛布は6kgまで

さらに洗濯容量の大きな洗濯機を探します。次のランクは洗濯容量12kgですが、この場合6kgの毛布まで洗濯できるので、自分に必要な性能を有していることになります。

メーカー 品番 価格
(楽天最安値)
洗濯容量(kg) 毛布(kg)
TOSHIBA AW-12XD8 139,800円(生産完了) 12 6.0
Panasonic NA-FA120V2 147,080円 12 6.0
HITACHI BW-DV120E
(乾燥機能付)
145,800円 12 6.0
AQUA AQW-GVX120J 139,000円 12 6.0

 

容量12kgとなるとあまり需要がないためか、一気に値段が跳ね上がります。洗濯機に10万以上払うのはかなり勇気がいります・・・自分のように、よほど特殊な事情がない限り、10kgの洗濯機を買うほうが幸せになれると思います。

そして散々悩んだ結果。自分が購入検討していた8月末頃は上記の東芝AW-12XD8がモデル末期で、ポイント還元含めて9万円程度でしたので、思い切って購入してしまいました。モデルチェンジしたら、しばらくは13万円程度の価格を維持する可能性があるためです。12kgの洗濯機が13~14万円程度で購入がためらわれる場合、モデルチェンジ前まで待って購入するのがよいと思います・・・

実際に洗濯してみた

TOSHIBA AW-12XD8で毛布を洗濯する場合、純正のネットを使用してくださいとの記述があるのですが、高価なのと、洗濯容量8kgの洗濯機と同じ洗濯ネットのため、入らない可能性もあるかと思い、もっと大きなネットを探して購入しました。もしこれでうまくいかなければ、純正のネットを購入します。

↑汚らしくて申し訳ありません・・これが洗いたい超大型ダイニングこたつ用こたつ布団です。
↑買い換え前は7kgの洗濯機を使用していました。超大型ダイニングこたつ用こたつ布団、なんとか入れることができましたが、さすがにこれでは洗濯できないと思われます。(壊れそうなのでやっていません)
↑到着した12kgの洗濯機・・・思ったより大きくないです。標準的な洗濯機パンに設置できるようになっているためと思われます。ただ、縦方向はかなり高くなりました。
↑こたつ布団をネットに入るように丸めます。
↑これを洗濯ネットの中に入れました。無事入りました!
↑スーツケース用はかりで重量を測定すると・・
↑5kgと出ました・・・(洗濯機購入検討の際に測定したら5.2kgだったのですが・・このくらいの誤差は出てしまうのかもしれません)
↑12kgの洗濯機に入れる。7kg洗濯機と比較すると余裕ありますが、それでも洗濯槽いっぱいいっぱいでした・・・
↑最初は説明書にあるとおり、毛布コースを選択して洗濯します
↑途中で停止して中を確認。わかりにくいですが、思ったより水位が低く、こたつ布団全体に洗濯液が浸かっていません・・毛布コースの場合水量は68L固定とのことです。
↑そこで一旦停止して、つけ置きコースに変更し、水量も80Lまで上昇させて30分つけ置きします。
↑停止して確認。水位が上昇しほぼ全体が水に浸かっています。
↑がしかし!つけ置きコースでつけ置きしたあと脱水することができませんでした。(洗濯物が偏っていると判断されて、注水して偏りを直そうとする動作に入ってしまいました。)いったん停止して、再び毛布コースに戻し、すすぎと脱水を行うようにします。洗剤は合成界面活性剤ゼロ使用・1回すすぎでOKなタイプを使用しているため、これでも問題なさそうです。
↑めでたく脱水・洗濯完了まで到達しました!これはうれしい!!

※なお、メーカーは純正ネット使用を推奨していますので、このやり方は自己責任で・・ということになります。ご注意ください。

というわけで、自宅で最大の洗濯物を洗濯することができるようになりました。脱水ができれば、あと乾燥はどうにでもなるので、この先コインランドリーに行くことはなくなりそうです。

よかったです。参考になれば幸いです。コロナ禍においては、ますます自宅内で生活を完結させる方向に進んでいきそうです。

↓ちなみにお気に入りの洗剤はこちらです