在宅デスクワークの運動不足「罪悪感」解消に最適なALINCOイージーサイクルAFB2118を買ってみた話

在宅でデスクワークだと山の中に住んでいてもほとんど運動しません。冬期はなおさらです。最近足腰が弱ってきたと感じるので、なんとか対策をしなければと思って見つけたのがALINCOイージーサイクル。机の下に置いてペダルを漕ぐことができる小さなフィットネスバイクですが果たしてその効果は・・?。使ってみた感想などをシェアします。

1011

山の中でもデスクワークだとほとんど運動しない

型コロナウイルスの影響でリモートワーク、在宅勤務の方が増えているようです。自分は山にこもってからずっと在宅で仕事をしてきましたが、最近やっとこのペースになれてきたくらいなので、いきなり会社勤めのままリモートワーク、というのはかなり違和感があるのではないかと想像しています。

在宅の場合、通勤という行為がなくなるので、それに消耗することはなくなるのですが、逆に今度は歩いたり、体を動かすことがほとんどなくなってしまいます。仕事が激務で会社への通勤も負担になっているような方なら、多分在宅になったことで体は休まると思うのですが、それは最初だけで、ある日、体がとてもなまっていることに気づくはずです。(自分がそうでした・・・)

自分の場合は山暮らしなので、都会よりは雑用でいろいろと体を動かしたりはします。たとえば、雪かきや草むしり、焚き付けになりそうな小枝拾い、DIYで何か作ったりなどです。しかし、近くにふらっと遊びに行けるようなお店が全くなく公園のような環境に住んでいるので気分転換にどこかに出かける必要もない、となると、外で用事をする時以外は必然的に家の中に籠もることになります。歩く距離が極端に少なくなるのは都会の在宅とほとんど変わらない、むしろ深刻かもしれません。

↑iPhoneのヘルスケア・アクティビティより今年の2月の歩数・・買い出しに出かけたり、外作業があった日は少し多いですが、そうでない日は100歩行かない日もあったりとかして結構ヤバめな状況です

そして仕事はすべてパソコン作業・・・一日中机に座って仕事を続けることがほとんどです。それも忙しくなると運動不足解消のためにわざわざ時間を確保して何かすることがどんどん減り、ついにはなくなってしまう・・・

そんな日々が続き、ある日とうとう足がふらつき、筋肉の衰えを感じてしまいました。これにはさすがに焦りました。

しかし、フリーになってからの収入はまだ十分というにはほど遠いので、わざわざ時間を取ってジョギングとかウォーキングするくらいなら、その時間を仕事や雑用に割り当てたいと思ってしまいます。でも体を動かさないと今度は体がダメになってしまう・・・葛藤です。

(寝る前に1分でもいいから筋トレすればいいだけ、っていう話もあります(笑))

机に座って体(足)に負荷をかけられる器具を探す

というわけで、仕事をしながらなんとか足だけでも動かせる運動器具がないか探してみました。

ポイントは・・

  • 運動のために別の場所に移動しなくてよい=机の下で足に負荷をかけられるような運動器具
  • パソコンの前に座っている姿勢そのままで運動できるのが理想的
  • そしてあまり高くないもの・・

です。

そして・・いろいろネットをさまよううちに見つけたのがこちら↓

室内で座った状態で運動するとなるとフィットネスバイクなどが思いつきますが、それを使用する場合、机から立ち上がって設置場所に移動しなければなりません。そして仕事は完全に中断してしまいます。

このAFB2118は机の下に入るミニタイプのフィットネスバイクなので、仕事をしながらペダルを漕ぐことができます。気をつけなければならないのは、この種の椅子に座ってペダルを漕ぐ器具の場合、機種によっては机の下に置くと漕いだときに膝が机の裏側に当たってしまうものがあるということです。これだと仕事をしながらペダルを漕ぐことは難しいです。

何を言ってるかよくわからない、、という方は、この公式チャンネルの動画をみるとわかりやすいと思います。

↓AFB2118 イージーサイクル 膝の位置に注目!膝が上下に動かないので、机の下で動かすことが可能です。

↓同じメーカーのAFB2017R プチトレサイクル これだと机の下には入らないですし、入ったとしても漕ぐたびに膝が机に当たってしまいます。

このAFB2118は、お値段も安ければ7,000円程度とかなりお手軽です。早速購入することにしました。

組み立てる

届いたので組み立ててみます。

↓箱を開封。組み立てが必要ですが、それほど大変ではありません。

↓パーツはこんな感じ

↓ボルトは六角穴です。レンチは付属していますが、電動ドライバーを使うと楽です。

↓液晶部を半ば無理矢理な感じで引っ張り出すと電池ケースがあります。コードがちぎれそうなので要注意。

↓回転数(上段)回数、カロリー、累積回数、時間(下段:ボタンを押すごとに変化)を表示可能です。

↓完成!所要時間は15分くらいでした。

感想

段使う机の下に入れて使ってみましたが、想定通り机に座ったままペダルを漕ぐことができました。これはいい感じです。さすがに集中して考え事をしなければならないときは、漕ぐと気が散るので使えないですが、機械的な作業をするとき、特に資料に目を通したりするときなどは連続して漕ぐことができます。

また、作業中にちょっとイラッとしたときにも、全力で漕ぐことですぐにストレス発散できるのもよいです。

残念ながら、体にかかる負荷はあまり大きくはありません。中央のレバーで負荷を調整するのですが、一番重くしても、重いと感じません。それでも連続して動かしているとだんだんと負荷がかかってきます。漕いでいて負荷がかかる場所は、主に「太ももの前側」と「ふくらはぎ」です。膝の位置がほとんど変わらないので、さすがに足全体を鍛えるというわけには行きません。太もも全体を上に引き上げたり膝の曲げ伸ばしができないのはちょっと物足りなく感じます。

それでも何もしないよりはましです・・・。仕事中遊んでいる足を有効活用?できるのでこんな素晴らしい器具はないと思いました。ペダルを漕ぐことで「発電」できたらなおよかったのですが、残念ながら、今はフィットネスバイク系で発電できる機種はほとんどなくなってしまったようです。

↓一日動かしてみての使用回数

↓カロリーは171kcal・・・まあ、でも何もしなかったことを考えたら意味はあるはず、です!

まとめ

はり、体力や筋力のことを心配するなら、素直にジョギングしたり筋トレしたりするのがよいと思います。しかし、仕事との兼ね合いを考えた場合に、自分のように何もしないよりは何かした方が・・・とか、運動不足だけどどうしよう・・・などと思うようであれば、このイージーサイクルはうってつけだと思います。ハードな運動はできないので物足りないと感じることはありますが、それでもそれなりに足に負荷がかかっていることは実感できます。

それより、仕事を優先してしまったがために運動を全くしなかった・・などという「罪悪感」を払拭することができるので、メンタル面の改善、心の健康を保つのに大いに役に立つ運動器具だと言えると思います(笑)

ただし、購入して1ヶ月ですが、まだあまり大きな変化を感じません・・。それでも継続が大事、飽きずに続けていくと、何かしら変化があるのではと期待しています。自分の机の下にいつも存在し、ペダルに足を乗せながら仕事をするのですから運動し忘れることはほぼなくなります。それがまた素晴らしいです。自分のようなだらしない人間にとっては、それくらいの状態にお膳立てしてやっとはじめて継続的に運動できるのではないか、そんな風に感じました・・・。

以上、参考になれば幸いです。