SDカードのツメが取れた・・元通りに復元できる?応急修理してみました

2517
views

SDカードのツメを「応急」修理することは、ちょっと面倒ですが可能です

SDカードのツメを破損してしまいました。ツメがもげた感じです。自分はSanDiskのSDカードをよく使用しておりますが、いつも並行輸入品を購入してしまうので、保証は店舗での交換のみです。しかも、壊れたSDカードは5年前に購入したものなので、修理・交換はあきらめなければなりません。(正規品を買っていれば、無期限保証で交換可能のようですね

そうはいってもまだ使えそうです。破損は外装のみなので、なんとか復旧できないものか試みてみました。

いろんな情報がネットにありますが・・

メがないままSDカードスロットに差しこむと書き込み禁止になってしまいます。ロックのツメが、電気的にロック・アンロックを制御しているとやっかいですが、調べてみると、どうも昔のカセットテープなどのように、その部分にくぼみがあるかどうかをリーダー側で検知しているだけのようでした。

そこで、ネットで最初に見つけた情報のように、セロテープで左側の凹んだ部分を全部覆い隠してみましたが、ロックされたままでした。左側の凹みの上半分が埋まっているときはアンロック、下側が埋まっているときはロックと判断されるようです。

他の情報だとアルミホイルを使用して凹みの上半分を埋める、というものがありましたが、電気を通すもので補修するのはちょっと抵抗がありました。

分ははそこらにあったプラスチックの薄い板(電池のパッケージ)を2枚重ねにして厚みの薄いテープ(=セロテープ)を使用して凹みの上半分を埋めてみました。埋めた部分の高さをSDカードの厚みに合わせてしまうと、スロットの入口に引っかかってしまうので、きちんと元々の形状に合わせてツメを復元する必要があります。ここがポイントです。

↑手元にあったボタン電池のパッケージを小さく切って凹みを埋めました。細かい作業なのでピンセットは必須です
↑わかりやすく加筆して拡大 側面の段差に合わせて凹みを埋める必要があります

とりあえずこれでしばらくは使用可能ですが、埋めた部分がスロットに引っかかって取れなくなると最悪の結果となりますので、これは応急処置にとどめ、早めに買い換えるのがよいと思います。補修される方は、もちろん自己責任でお願い致します・・

↑購入するまで壊れないで頑張ってほしい・・テープをベタベタ貼るとこれも引っかかりの原因になるので最小限にします

↓amazonでは、国内正規品と言っても初期不良30日の交換のみ対応の商品しか販売していないようでした。よく見ると並行輸入品の方が保証期間が長かったりしますが、偽物つかまされないためにも国内正規品を買うのがよさそうです。