60メッシュの網戸に交換してみた。防虫性能は圧倒的だけど通風・作業性は・・?

さらなる防虫性能を求めて、ホームセンターで手に入るなかで最強・最細の60メッシュ網戸に交換してみました。確かにこれはすごそうだ!でも、きれいに張るのがちょっと難しかったです。気になる通風性能も検証してみました。

59
views

↑左側が60メッシュ、右側が24メッシュの網戸 目の細かさは圧倒的 ちなみに網戸の細かさを表す「メッシュ」とは1インチ四方の中に縦横それぞれ何個の網目が入っているかを表しています。60メッシュなら縦60個・横60個です

まるで布・ストッキング!60メッシュの網戸に交換する

ちの家の網戸は新築当初の16メッシュのままだったので、今年これを24メッシュに交換しました。これでかなりの蟲を防御することができるようになったのですが、それでも小さなハエなど数匹程度はどうしても侵入してきてしまいます。

山に住んでいてこの程度の小さな蟲にまで神経質になっていると気が狂いそうになるので、血を吸わない奴らには寛容でいるつもりだったのですが・・・ホームセンターで60メッシュとかいうまるで布、まるでストッキングのような網戸を見つけてしまいました。

この網目の細かさなら、どんな蟲も通過することはができないのは明らかです。しかしこの布のような網戸に交換して風を通さなくなるのなら、網戸の意味がなくなってしまいます。その辺も含め、大変気になったので今回購入して交換してみました。その結果をここでシェアしたいと思います。

まず通風性能を簡易的に検証してみた

元に風速計がありましたので、網戸を通すと扇風機の風がどの程度弱められるのかを、交換前の汚れた16メッシュ、24メッシュ、60メッシュで簡易的に計測してみました。室内で扇風機と風速計の間に網戸を置いただけなので、網戸を回り込んでくる風の影響もあると思いますが、その辺はご容赦ください。網戸と風速計の距離は短めに設定しています。

※網戸を実際の窓にはめて計測する考え方もあると思いますが、室内外の温度差によって生じる圧力差や外気の風速、室内を流れる空気の影響等を考慮しなければならないと思われ、面倒なのでやめました。もう一つ、測定のために窓に取り付けた網戸を開けたり閉めたりすると外から蟲が入ってくるので、それが嫌だったというのもあります(爆)

↑ちょっと古いですがケストレル3000(Kestrel3000)。風速・気温・湿度を測定できる優れもの。建築の某大先生をまねして購入するもほとんど使わず・・
↑こんな簡易的すぎる測定でごめんなさい・・・

扇風機から20センチの所に風速計を設置、網戸はその中間10センチの所に立てます。
網戸がない場合の風速は、およそ5m/secでした。以下表にまとめておきます。

網戸なし 5m/sec程度 ↓16メッシュとの比較
汚れた16メッシュ 3.1m/sec程度 100%
新品24メッシュ 2.4m/sec程度 約77%
新品60メッシュ 1.6m/sec程度 約52%

 

60メッシュは、16メッシュの半分程度、24メッシュの2/3程度になってしまうようです。これをどう考えるか・・ですが、実際に取り付けてみると一応外から冷気が入ってくるので、空気の流通を極端に妨げるものではなさそうです。ただし、16メッシュとまったくかわらないかというと、風の入りが悪いようにも感じます。その辺は環境にも依ると思いますので、参考程度に考えて頂くのがよいかな・・と思います。

問題は・・張りにくかったこと

風性能よりも気になったのが、作業性の悪さ。これは・・自分も網戸のプロではないので、素人がうまく作業できなかっただけ、と言われればそれまでなのですが、ピンときれいに張ることが結局できませんでした。

理由は(多分ですけれど)24メッシュなどと比べて網の糸が細く、網自体に腰が少ないこと。感覚として半分くらいしか厚みがないように感じます。ローラーでゴムを押し込む際に(うまく説明できないのですが)余計に網戸を巻き込んでしまいやすく、その影響かぴんと張ったままゴムを押し込むのも難しいので、しわになりやすいです。

一方で、丸まった癖や、折り目などを取るのが難しく、網戸の厚みも薄いので、ゴムを再利用しての張り替えの場合、強く張力をかけるとずりずりと抜けてしまったり、しわがうまく伸びない、という問題点もありました。

↑シワになりやすく、ついてしまったシワも取れにくい上目立ちます
↑できあがりがいまいちシャキッとしなかったです。。

従って、こちらの網戸に張り替える場合は、ゴムを一回り太いものに交換するとよいと思います。それと、ローラーでぐいぐいゴムを押し込まずに、少しずつローラーの反対側のへらで押し込んでいった方がうまくいきました。

あと、ホームセンターではグレー色しか売っていませんでしたが、ネットでは黒色も売っていますので、こちらを選んだ方がシワなどは目立ちにくいかもしれません。

大きな網戸より小さな網戸のほうが作業しやすかったので、小さな窓にだけ60メッシュを使うという考えでもよさそうです。

↑へらの方を使って、あせらずゆっくり作業する
↑小さい網戸だと比較的うまくいきました。少し経験を積んだ、ということもあるかもしれませんが

こういった作業性については経験を積めば解決する問題かもしれませんが、素人の場合16メッシュや24メッシュの網戸と同じ感覚で作業しようとすると、ツボってしまうので、あらかじめこの作業性の悪さを考慮に入れながら作業した方がよさそうです。

まとめ

虫性能については、目の細かさから考えて圧倒的だと思いますが、現在の所、まだいろんな網戸が家にはまっているので、これについては検証が難しいです。全部60メッシュにすれば、多分網戸から虫は入ってこれないと思います。

ただ、次回網戸を交換するときに、全部60メッシュにするかどうかと聞かれたなら・・ちょっと大変だったので(笑)大きめの網戸は24か30メッシュ程度にしておき、トイレやお風呂など24時間開けっ放しにするような小さめの窓に限定すると思います。値段もちょっとお高いですしね・・・

以上、参考になれば幸いです。