FlipFlopWheelが消えた!Windows7でマウスホイールの向きを逆=Macと同じにするフリーソフト

Mac使いなら必ずやっておきたいマウスホイールの向きを逆に変更する設定。Windows7のアップデートによりレジストリのマウスのデバイスパラメーター、FlipFlopWheelが消えてしまい、これまでの方法が使えなくなりました。したがって現状マウスホイールの向きをナチュラル、Macと同じ向きにするには、なにかしらフリーウェア等をインストールしかなさそうです。探してみたところ、以下のフリーウェアで設定を変更することができましたので、シェアします。

171

FlipFlopWheelが消えたのでフリーウェアを使う

使用しているCADの関係で、まもなくサポートが終わろうとしているWindows7をこれからも使い続ける訳なのですが・・・先日新しくメインマシンになったiMac5KのVMware Fusionに、これまで使用していたMacbookProのBOOTCAMP上のWindows7を移動させたら、マウスホイールのスクロール方向がMacと逆になってしまいました。

これまでのMacbookPro/BOOTCAMP上のWindows7では、よくネット上で見かけるRegeditでレジストリをいじくる方法や、Zwheelというフリーウェア(※現在は有料になっています)を使用していて、全然問題がありませんでした。しかし、iMac5KのFusionに移動させた途端、元の向き、Windows7のデフォルト設定に戻ってしまいました・・・。なぜ?(※実はこれにはちゃんとした理由があったのでした・・後述しています)

Zwheelがダメになったのかと思い、レジストリを編集しようとしたら、なんと、これまで存在していたFlipFlopWheelがなくなっていました

↑やけにすっきりしたレジストリエディターの画面・・・マウスホイールの向きを編集することができなくなってしまいました

これは困ったと思い、いろいろ探してみたところ、海外のフリーウェアですが、WizMouseというソフトにマウスホイールの向きを逆に設定する項目があることがわかりました。今後はこれを使うことにしたいと思います。

ダウンロードは以下の公式サイトから↓

このソフトの本来の目的は、アクティブでないウィンドウ上でも、マウスホイールによりスクロールできるようにすることで、ホイールの向きを変えるのはおまけのような感じなのですが、それでもこの機能が使えればなんでもよいので、ありがたくインストールさせてもらいました。

設定方法

上記サイトからダウンロードして、インストールします。完了すると、タスクトレイにアイコンが表示させるので、それを右クリックして「Settings」をを選択します。

表示される設定画面の一番下、「Reverse Mouse Scrolling」にチェックを入れて完了です。

簡単ですね!これで、Macと同じ向きに合わせることが可能です。

フリーウェアを入れるのは気になると言えばなるのですが、現状なにかソフトを入れなければ設定できないので仕方がないです。

こんな情報も、もう役に立たなくなりつつあるのですが、同じように困った方の参考になれば幸いです。

おまけ:なぜVMware Fusionでホイールの向きが逆になったのか?

は、上記のWizMouseをインストールしても、自分が古いMacbookProから移動したVMware FusionのWindows7上ではマウスホイールの向きは逆のままでした。なぜか全然わからずとても困ったのですが・・・ZwheelもWizMouseもアンインストールしてみたところ、Macと同じマウスホイールの向きになったのでした!

これはつまり・・VMware Fusionが標準機能で、すでにマウスホイールの向きをMacに合わせて逆にしてくれていたということです。

なので、今回は古いMacBookProのBOOTCAMP上のWindows7を(めんどくさいので)そのまま移動させたので、移動前のWindows7で使用していたZWheelが生きていてVMware Fusionが標準機能で逆にしてくれたホイールの向きを「さらにZwheelが逆にしてしまい」、結果的に元に戻ってしまったというオチだったのでした(笑)

おかげで相当時間を無駄にしてしまったよ・・・

みなさんも気をつけましょう(ってこの落とし穴にはまる人は多分自分だけですね・・)