Youtubeの著作権侵害の申し立て(ContentIDの申し立て)に対応する

フリー音源をBGMで使っているはずなのに、アップロードしたら「著作権侵害の申し立て」・・・。フリーであることが明確だったので、異議申し立てをしたところ、著作権侵害の申し立ては消えました。ただし30日後でしたが・・・ここではその顛末をシェアします。

194

フリー音源を使用させていただいたのに著作権侵害のお知らせ

日、旅動画を作っていたのですが、それに合わせるBGMを探していたところ、soundcloudにアップされているすてきなフリー音源を見つけました。

こちら↓

フリーダウンロード&youtubeなどで自由に使ってね!という記載があるので、ありがたく使わせていただいたのですが、アップが完了して確認すると・・・「著作権侵害の申し立て」の表示が・・・

調べてみると、全然関係ない団体がフリー音源の著作権、Content IDを登録しているようで、youtube側で自動的に著作権侵害を検出したようです。

これについてどうのこうの言うつもりはありませんが(言いたいですけど)、楽曲の作成者がフリーです、自由に使ってください、と明確に述べている場合は、Youtubeに著作権侵害の異議申し立てをすれば、著作権侵害の申し立ては取り下げられます。自分の場合はそうでした。

以下のような感じでした。

著作権侵害の異議申し立てをする

全く音沙汰なし

30日後自動的に著作権侵害の申し立てが取り下げられる

自分のように、youtubeで収益化をできていない場合は全然問題ないのですが、収益化している場合、この全く音沙汰なしの30日間、全然関係ない団体に収益を横取りされてしまうようです。これはひどいですね。こんなことなら楽曲を提供してくれた人に収益をあげたほうが遙かによいですよね・・。しかし、現実としてこのような状況なので、もしそのような楽曲に当たってしまった場合は、辛抱強く待つしかありません。

これを防ぐには、あまり新しくアップされた音楽は使用しない方がよいかもしれません。先ほど述べた曲は、かなり新しい曲でした。それ以外に使用させていただいた曲については、著作権侵害の申し立てはされませんでした。

なお、自動で取り下げられた後、同じ曲を使って試しに動画をアップしてみたところ、また著作権侵害の申し立てをされてしまいましたので、1個人が異議申し立てをしたところでなにも状況はかわらないのかもしれません。楽曲の作成者が異議申し立てをしたら何かが変わるのかもしれませんが・・(この辺は不明です)

申し立ての流れ

1.動画をアップしたら、「著作権侵害の申し立て」の表示が・・

2.「公開設定」をクリックして「著作権侵害の申し立ての詳細を表示」をクリック

3.表示された画面で「操作を選択」をクリックし、「異議申し立て」を選択します。

4.「異議申し立ては上記の理由にも基づいていません。それでも、このContent IDの申し立てに対し異議申し立てを行います。」のチェックボックスに、臆せずチェックを入れ、「次へ」をクリック

5.次の画面では「ライセンス」を選択します。楽曲作成者が使っていいよと言ってくれているので、使う権利は持っています。ラジオボタンをクリックして、「次へ」をクリックします。

6.まだいろいろ書いてありますが、それでも「著作権者からコンテンツの使用許可を得ています。」のチェックボックスに、臆せずチェック入れて次に進みます。

7.最後の画面です。まず「ライセンス情報を以下に入力してください。」とあります。

ここには、自分の場合、

  • 音源をダウンロードさせていただいたリンク
    今回の場合は⇒ https://soundcloud.com/bravelion/bravelion-summer-tour
  • ウェブページに記載の文言をコピペ
    今回の場合は⇒
    Yes ! You can use my music in your youtube videos (and monetize it), podcast, facebook videos. Just leave my Soundcloud or Youtube Link in your description.

を記載の上、

「上記により本動画に当該音源を使用することは可能です。指示通り動画の説明にリンクを表示しています。」

などと簡潔に説明を追加しました。

そして、チェックボックスにすべてチェックを入れ、最後に自分の名前を記入し、「次へ」をクリックします。

すると以下のように送信済みのポップアップウィンドウが表示されるので、「閉じる」をクリックして完了です。

閉じると以下のような画面になります。

そして、以下のようなメールも届きます。

そして、30日間待つわけですが、30日経ってもyoutubeからは何の連絡もなく、単に「著作権侵害の申し立て」の表示が動画から消えるだけでした。なんかもやもやが残りましたが、とりあえず申し立ては消えたのでよしとします。

以上、申し立ての流れでした。

異議申し立ての前にいろいろ文言が表示されるのでちょっと迷ってしまいますが、上記の方法であれば申し立てが自動消滅しましたので、同じようにお困りの方は是非お試しいただければと思います。ただ、今回は外国の楽曲ですので、もしかしたら日本のフリー音源を使うなどした場合はまた異なる話になるのかもしれません。

もし追加情報があればこちらに記載していこうと思います。