wordpressでAMP対応テーマに変えたらアクセスが2割くらい増えてビビったお話

googleから迫られるAMPプラグインの導入・・・自分は有料テーマを購入して対応することにしましたが、結果目に見えてアクセスが増えたので、導入してよかったと感じています。その情報をシェアします。

174

ネットにはAMPに対してネガティブな情報が多い

のブログにはgoogle様のadsense広告を貼らせていただいております。(わずかですけどそれで経費をまかなっています・・)google様から何度もAMPプラグインを導入してください、という通知が来ていたので、導入するべくいろいろ調べてみると・・・アクセスが減ったとか広告収入が減ったという情報が割と多く出てきます。

自分もこのブログはwordpressで動かしていますが、ブログをAMPに対応させるには、AMPプラグインを導入すればよい、という簡単な話ではないため「アクセスが減った」という情報を見たら、さすがに手間をかけてわざわざ導入するべきかどうか、悩んでしまいます・・・。

しかし、Adsenseを導入したブログは広告主様(google様)に広告枠を提供する、という大切な一面も持っています。なので、ここは気を取り直してgoogle様のご意向に沿うべく、試しに導入してみることにしました。

作業はそれなりに大変でした。いいことがあるとよいのですが・・・

AMPプラグインは使えない⇒有料テーマの導入

wordpressをAMPに対応させるためには、AMPプラグインを導入すればよいという話があります。google様にもそのように改善策を提案されました。確かにそうですけれども、AMPプラグインを単に有効化するだけだと、AMPページはこれまで導入していたテーマと異なるデザイン・レイアウトになってしまいます。これはもう全く別のテーマを導入することになる、と考えた方がよいです。スタイルやらレイアウトが消えてしまいます

一からAMPのことを学んで対応させるのは自分にはハードルが高すぎるので、ここはあきらめて有料テーマを導入することにしました。もともとこのブログは、昔無料配布されていたionMagというテーマを使用していたため(今は配布していないようです)、その有料版、Newspaper9を導入することにしました。NewspaperはAMPに対応しているとのことでした。

ionMagからNewspaper9への移行は基本的な部分が同じこともあり、それほど大変ではありませんでした。色やフォントのなどCSSの調整だけで済みました。

ただし、肝心のAMPページのレイアウトですが、残念ながら通常のモバイルページと全く同じではありませんでした。具体的な相違点は・・・

  • モバイルメニューがない
  • 最新記事や人気の記事といったサイドメニューやフッターに表示していた内容が消えた
  • かわりに関連記事のリストだけが表示されている

といった感じでした。本来なら通常のモバイルページと同じ内容をすべて表示してほしかったですけれど、最低限必要な部分は残っていたので許せる範囲、と判断しました。

例・このページのampページはこちら↓(ampのリンクを埋め込むとgoogleからエラーの通知が来てしまうので、以下のようにアドレス末尾にamp/を追加してください)

https://shimesan.com/2019/03/19/wordpress-amp-theme/amp/

通常ページはこちら↓
https://shimesan.com/2019/03/19/wordpress-amp-theme/

Newspaper9は大変高機能なテーマですので、自分のような雑記タイプのブログでも懐深く対応してくれます。その分、CSSは4万行あったりしますが・・・まあその辺は余計なCSS(使わなかったレイアウトのCSS)を削除すればかなり軽くできます。

難点はテーマの設定画面が日本語に対応していないことでしょうか・・・これもじっくり読んでいけば、それほど難儀することなく決めることが可能です。

価格も手数料込み61ドルと、日本で有名な某テーマよりもかなり安いです。英語を日本語に対応させることが苦でなければ、導入を検討してもよいのではないでしょうか、というか、かなりおすすめだと感じます。

導入した結果

jetpackプラグインのページビューになりますが(google関連のはスクリーンショットがダメっぽいので)、導入後すぐに2割くらいページビューが増えてました。これにはさすがにびっくりしました。広告収入は、AMP導入直後は半分くらいに減ったのですが、その後すぐに持ち直して、以前よりも少し増えています。詳しいことを述べるのはNGらしいのでこの程度にしておきます。

というわけで・・・自分の場合はAMPを導入した方がよい結果になったのでした。

割とすぐに反応する事例もあるということをシェアしてこの記事の終わりにしたいと思います。

なお、NewspaperでのAMP対応については、ちょっとだけ(自分のような初心者には)注意すべきところがありましたので、おいおい記事にしていきたいと思います。

↓Newspaper9はこちらで購入できます。いろいろクーポンとか探しましたけど、どこにも割引はありませんでした。記憶している限りですと、年に一度サイバーマンデーの日だけ10ドルくらい割引していましたので、その時期に購入をするのもよいと思います。