もう勝手に元に戻らない!WooCommerceで翻訳ファイル(言語ファイル)を上書きする方法

573

WooCommerceの翻訳ファイルはいつのまにか元に戻ってしまう

POeditなどで編集したWooCommerceの翻訳ファイル(.poと.moファイル)を、元あった場所(wp-content/languages/plugins)に上書き保存しておくと、いつのまにかデフォルトの翻訳ファイルに戻ってしまいます。WooCommerceプラグインのアップデートをしなくても、勝手に元に戻ってしまいます。

自分は、ショッピングカートの「注文する」ボタンを、特定商取引法に配慮して「注文を確定する」に変更しているのですが、これがいつのまにか「注文する」に戻ってしまっているので、大変困っていました・・・

これを回避する方法がありましたのでシェアしたいと思います。

別の場所に保管するだけでした・・

てことはありません。翻訳ファイルを別のディレクトリに保管するだけでした。以下のディレクトリを作成し、その中にwoocommerce-ja.poとwoocommerce-ja.moを保管します。

wp-content/languages/woocommerce

↓もともとの言語ファイルはwp-content/languages/pluginsの中に入っています。

↓ディレクトリwp-content/languages/woocommerceを作成し、そちらに翻訳ファイル2つを保管します。これだけでした。

これらは公式ページに情報がありました。他にも翻訳ファイルの扱いについていろいろ情報がありましたので、確認されるとよいかもしれません。

注意点

でに何度かプラグインのアップデートをされた方はお気づきだと思いますが、プラグインに付属の言語ファイルは結構頻繁に内容が変わっています。プラグインの機能追加や内容変更により新しく翻訳が追加された場合、その部分は英語になってしまうため、アップデートするたびに最新の翻訳ファイルを修正する必要があります。

これは・・・死ぬほどめんどくさいですが、必要な作業ですのでチマチマと作業するしかなさそうです。何か改善方法があればよいのですが・・・

以上です。