1ヶ月300GBの衝撃!最強の無制限モバイルルーターSoftbank ポケットWi-Fiをレンタルしてみた話

山暮らしでも使えるモバイルルーターを探していたら、SoftbankポケットWi-Fiにたどり着きました。個人で契約すると7GBで速度制限ですが、レンタルすると業者・コースによっては1日10GB、1ヶ月300GBも使えてしまいます。これはびっくり!まさに「ギガ使い放題」のモバイルルーターを、今回1ヶ月レンタルしてみましたので、使い心地などをレビューします。

2059

メイン回線としても使えそうなモバイルルーターを探す

ADSLサービス提供終了が現実のものとなってしまいました。自分のところはネットはなくなるまでADSLを使うつもりです。

まだADSLの申し込みができた頃、といっても2018年10月頃の話で最近なのですが、使っていたローカルプロバイダーがADSLのサービス提供終了となったため、Yahoo!BB ADSLに乗り換えることにしました。今思えば、これが乗り換える最後のチャンスでしたね・・ちょうどキャンペーンをやっていて、月額約1,300円でADSLが引けるようになって、めちゃラッキーと喜んでいたのでいたのですが・・・

それはさておき、そのADSLプロバイダーを乗り換えた時のお話です。

ADSLでプロバイダーを変更する場合、前のプロバイダーの回線を撤去して、新たに設置するという流れになるため2週間から3週間の空白期間が生じてしまいます。この長期間、メイン回線をどうするか・・・将来ADSLがなくなったときにも役に立つかもしれないので、割とまじに考えてみました。

条件は、

仕事や生活(娯楽含む)に差し支えなく、いままでと同じように生活できる

です。

ここまでハードルを上げる必要はないですが、せっかくなので、ちょっと厳しめの条件を設定してみました。

なお、最有力候補はUQ WiMAXでしたが、以前お試しをしてみたところ完全に圏外でしたので、この方法は使うことができません・・

こんなサービスがあった!Softbankの4G/4GLTE回線のポケットWi-Fiを無制限でレンタルする

ろいろ調べてみたのですが、この分野は最もブロガーのターゲットになりやすいらしく、気をつけて情報を拾わないとあっと言う間に餌食にされてしまいます。

ちなみに「ポケットWi-Fi」というサービス名はSoftbankが商標登録しているので、「ポケットWi-Fi 無制限」とGoogle検索すれば、本来ならSoftbankのモバイルルーターの検索結果が並ぶはずですが・・・読んでいくといつの間にかUQ WiMAXの宣伝ページになっていたりします

自分も、大容量で使用できるモバイルルーターは、3日で10GBまで使えるUQ WiMAXが定番・最強と思っていたのですが、今回数ある情報の中からよく調べてみて、すっかり見落としている方法があることに気づきました。

それは・・SoftbankのポケットWi-Fiを「レンタル」するという方法です。

1ヶ月最大300GB(1日あたり10GB)の衝撃

SoftbankのポケットWi-Fiをレンタルすると、コースによっては1ヶ月でなんと300GB(1日あたりだと10GB)まで速度制限無しに利用できるようです。ほんとですかね?目を疑いますが、ほんとならすごすぎます。

なぜなら、ソフトバンクの4G/4GLTE回線を使用したポケットWi-Fiを個人で普通に契約する場合、速度制限なしで利用できるのは7GB/月までだからです。しかも、速度制限解除のためには、1GBごとに1,000円を払わなければなりません

こういう数字を見ているため、1ヶ月300GBという契約容量がちょっと信じられない、ありえない・・と思ってしまいました。

どういう仕組みでこの1ヶ月300GBを実現しているのか、気になったのでレンタルする際に業者さんに聞いてみたところ、レンタル業者さんとソフトバンクさんとの間で月300GB利用できる契約を結んでいる、とのことでした。

最近、ソフトバンクの携帯料金プランで動画見放題の「ウルトラギガモンスタープラス」というサービスが始まりましたので、それくらいパケットを無駄に消費しても耐えられるだけのインフラが整いつつある、ということなのかもしれません。

それにしてもすごいです。

しかも価格も最も安いところで1ヶ月6,000円程度と、レンタルでは高い方ですが、ちょっと昔の光回線と同じくらいです。短期間なら我慢できる範囲です。

エリアが広い・山暮らしでも使える

た、このポケットWi-FiはSoftbankの4G/4GLTE回線を使用したモバイルルーターですので、Softbankの携帯が4Gの電波を捕まえることができるなら、問題なく利用できます。4G/4GLTEはエリアが広いので、WiMAXのように電波が届かない・・というお悩みは少ないと思います。

実際、自分が住んでいるところで最も電波状況がよい携帯はSoftbankですし、こんな山の中ですがちゃんと4GLTE回線も拾っています。WiMAXでは涙をのみましたが・・こちらならいけるかもしれません。

このポケットWi-Fiレンタルこそ、山暮らしネット回線の救世主かもしれない!

というわけで、とりあえず1ヶ月間だけレンタルすることにしました。

なお、2018年10月現在で調べてみたところ、往復送料含めて6,000円/月程度でSoftbank ポケットWi-Fiをレンタルできるのは、この4社でした。自分はその中でも最も安かったグローバルモバイルさんでレンタルすることにしました。



届いたので早速使ってみた

ームページから夜に申し込んで次の日発送、その翌日に手元に届きました。ヤマトさんで届きました。内容物は本体・充電器・ケーブル(クッションバッグに入っています)、返送用のレターパックライト、取扱説明書等でした。

一番気になるのはエリア内かどうかですが、確認したところ、アンテナのインジケーターは最大、ちゃんと4本すべて立っています。LTEの表示もありますので、完全にエリア内であることがわかります。

↑WiMAXで撃沈したことを考えると、夢のような完全エリア内・・

これでまずは安心して使えます。

続いて、速度を測定してみました。

ADSLだと下り6.21Mbps、上り0.75Mbpsでしたが、このポケットWi-Fiだと、下りが28.8Mbps、上りは5.99Mbpsと上り下り共に5〜6倍の速度が出ています。特にADSLは上りが遅すぎるので、久しぶりにストレスをほとんど感じないネット環境になりました。

すばらしいです。もうADSLに戻りたくない(笑)

↓左(上)がポケットWi-Fi、右(下)はADSL+Wi-Fiルーター
ADSLはアップロードで1Mbpsも出ていないので、毎日苦しい思いをしています。

使用可能な通信量については、1ヶ月後追記でレポートしたいと思います。

とりあえず、今日の所は、2人で1日普通に仕事でネットを使って、2人分のスマートフォンもWi-Fi接続にして、夜にはHuluで動画鑑賞をして(海外ドラマ2〜3本分)、4.6GBくらいです

5GB近くになってくるとWiMAXだと心許ないですが、1日10GBまで使えるなら2人がネットをフルで利用しても十分すぎることがわかりました。

↑一日使ってみてこの結果。WiMAXだと速度制限が気になる3GBを遙かに超えてしまっています(笑)

そして・・1ヶ月使い倒した結果

同じようなペースで1ヶ月間使い続けてみました。

その結果・・レンタル期間1ヶ月での総使用量は163.95GBでした。一日の使用量はだいたい2GBから7GBといった感じでした。

容量について何も気にすることなく使い倒してこれです。しかも、このポケットWi-fiをレンタル中に、今更ですが海外ドラマ「24」を毎日最低2話(休日は3〜4話)を見ていましたし、iPhoneのアップデートを何回か行っても、300GBまで到達することはありませんでした。

300GBもあればメイン回線としての使用に十分耐えられることがわかりました。

ちなみに気になる海外ドラマの通信量ですが、Huluの動画をfireTVスティックで鑑賞したのですが、45分の長さの1話で約1GB程度でした。

また、このiPhoneのアップデートというのが結構なくせ者で、レンタル期間中にiPhoneを購入したのですが、その購入した端末およびバックアップ用の端末それぞれにアップデートを行ったところ、あっというまにその日のデータ使用量は10GBを越えてしまいました10GBを越えても速度制限がかかることはなかったので助かりました。

↑しらぬまに10GBを越えていました・・・iOSのアップデートが原因です。

スマートフォンだけでなく最近のパソコンも、OSアップデートはダウンロードで行うことが多いですので、メイン回線として使用するなら、そのようなメンテナンスによって通信量がものすごいことになってしまうことにも注意しておく必要があります。

もしUQ WiMAXを選んでいたら、あっと言う間に速度制限ですね。危なかったです。圏外でむしろよかったかもしれません。

モバイルルーターでメイン回線としての使用を考えるなら、選択肢はこのSoftbank 4G/4GLTE回線のポケットWi-Fiをレンタルするという方法しかなさそうです。


メイン回線として使用する場合の注意

のモバイルルーターをメイン回線として自宅内のネットワークを構築する場合、すべてのネットワーク機器を無線LANでモバイルルーターに接続することになってしまいます。

(LANポート付きのクレードルに接続できるモバイルルーターをレンタルできた場合は別ですが・・自分が借りたHW601はクレードルがありませんでした)

この場合は、「プライバシーセパレーター」という機能を「オフ」にすることで、モバイルルータに接続した機器間同士の通信が可能となります。無線LAN接続のプリンタなどがある場合はこの設定をしておかなければ出力できません。これについては、この辺↓に詳しく書いてありました。

話題のファー◎ェイを使いたくない人は・・

分は1ヶ月レンタルだったので割り切りましたが、もし長期間借りたい場合で、例のファー◎ウェイ製ルーターを使いたくないという人は・・・

こちらのFUJI WiFiさんではSoftbank4G/4GLTE回線で同等サービスを提供しつつ、FS030Wという富士ソフト株式会社製のモバイルルーターをレンタルすることが可能です。

FUJI WiFiさんではクレードルをレンタルしてくれないようですが、amazonなどでクレードルだけ購入(3,800円なのでそんな高くない)もできますので、自宅で既存の有線LANネットワークに接続するのも簡単です。より長期的に利用する場合はクレードルを別途購入した上でFUJI WiFiさんにするのがよさそうです。

価格も、少し安めの200GBコース(4,800円/月(税別)!)があり、自分がフルに1ヶ月使ってみても200GBに届きませんでしたので、これで十分かもしれません。

ただし、FUJI WiFiさんの場合、初期費用2,000円がかかるのが残念です。短期なら、先ほどのグローバルモバイルさんのほうが結果的に安くなります。逆に、長期ならおまとめ割引というものがあるので、FUJI WiFiさんのほうがさらに安くなります。たとえば、200GBプランの場合13ヶ月一括で支払うと、月額料金は4,280円(税別)まで安くなります。

↓FUJI WiFiさんの申し込みページはこちら。ただし、Softbank4G/4GLTEプランはちょっとわかりにくいところにあるのでご注意ください。

⇒ FUJI WiFiさんの公式ホームページはこちら



↓上記リンク先に移動後、「料金・プラン」メニューの中の「プラン詳細」をクリックします。

↑スマートフォンの場合は、右上の「メニューボタン」をタップします。
↑右からスライドでメニューが現れるので、「プラン詳細」をタップします。

↓サービスプランは「国内ルータープラン」が該当しますので、そのままスクロールしていくと・・

↓通常プランで「200ギガプラン」が表示されます。1番人気のようです。その「200GBプラン」をクリックします。

↑スマートフォンの場合は、次に表示される画面をそのまま下にスクロールします。
↑すぐに「200ギガプラン」が表示されます。

↓表示されるコース詳細で、「提供ルータータイプ」をクリックすると、レンタルされるルーターはファーウェイではないFS030Wであることがわかります。

長期間ならこちらの富士ソフト製ルーターの方が安心して気持ちよく使えるのではないかと思います。

まとめ

暮らしでメイン回線の変更を検討されている方は、こちらのポケットWi-Fiをレンタルする方法も選択肢に入れるとよいと思います。メインとしての使用に耐えうる十分な速度と容量です。長期間レンタルすることも可能ですし、長期間だと割引になるところもありますので、通常のネット回線を解約して、こちらを借りっぱなしにするのもよい方法だと思います。

特に、山に別荘を所有していて、都心との行き来があるような方の場合は、2カ所にネット回線を引くのはばかばかしいので、こちら一本に絞ってしまうのも一つの方法かもしれません。

なお、自分のように短期で借りる場合は、グローバルモバイルさんなど初期費用不要の業者さん、長期で借りるなら、ファー◎ウェイ製ではないルーターを借りられるFUJI WiFiさんなどを選ぶのがよいと思います。

以上、参考になれば幸いです。

【短期おすすめ】⇒グローバルモバイルさん

【長期おすすめ】⇒FUJI WiFiさん