ADSL終了?光回線の来ない山や別荘暮らしのインターネット回線はどこに乗り換えるべき?

光回線導入の見込みが全くない山の中でADSLサービスが終了したらどうすればいいの?山の中でも使えそうな代替手段を探してみました。結果は・・・やっぱり当面アレを使うことになりそうです。

62
views

ADSLが終了してしまうのは本当?⇒田舎なら大丈夫かも

こんな記事がありました。

これによると、NTTは2023年に「フレッツADSL」の提供を終了するそうです。まだ先ですが、ただの噂かと思っていたら、本当に現実化してしまうようです。自分の所は、現在ADSLを使用しているので、いずれ乗り換えを検討しなければなりません。

が、この記事をよく読むと、

なお、NTT東日本では、2023年1月31日時点でフレッツ光が提供されていないエリアにおいては、フレッツ・ADSLのサービスを終了する予定は現在のところないとしている。

という記述もあるので、フレッツ光の開通の予定が全くない所は、2023年以降もそのままADSLが使える可能性は高そうです。

なので、光回線が田舎すぎて家に来る予定が全くなく、かつ、ADSLが使えるなら、そのままADSLにしがみついていればOK、だと思います。

一度NTTにエリア確認の問い合わせをしてみるとよいと思います。自分も何度か問い合わせをしていますが、全く開通させる気がないみたいです(笑)

↓最後まで残りそうなADSLプロバイダーは、やはりYahoo!BBでしょうか?自分のエリアで申し込み可能なのは、Yahoo!BBだけになってしまいました。

ADSLの乗り換えは大変!空白期間をどう乗り切るか?

ういう話だったのでのんびり構えていたのですが、先日、現在使用しているADSLのプロバイダーが2018年11月でサービスを終了、というお知らせが届きました。あわてて代替プロバイダーを探したところ、残っているのはYahoo!BBだけでした。フレッツADSLはもう新規受け付け終了していますしね・・

乗り換えのためにYahoo!BBに問い合わせてみると、移行手続きに最短2週間ほど時間がかかり、その間ADSLは使うことができないという返事が・・・。単純に切り替える、というわけにはいかないようです。さすがに2週間以上、スマホのデザリングで乗り切るのは大変なので、この機会に他のブロードバンド回線に乗り換えることを検討し始めました。

なお、その後YahooBBから連絡があり、2週間の空白期間中の対応方法として、

2年縛りのない通常プランで、電話加入権不要のADSL回線を新たに1ヶ月間契約し、開通後に解約する。

という方法の提案がありました。これだと1ヶ月間の使用料だけですむそうです。ただし5,120円の利用料がかかります。高いですが、他に選択肢がない場合は、この方法をつかうしかありません。

乗り換える際に1ヶ月だけモバイルルーターをレンタルすることを考えたら、こちらの方が確実ではないかと思います。

この方法を使う場合は、Yahoo!BB ADSL 公式ページにて問い合わせをするのがよいです。Webページには詳しい記載がないため、直接確認する方が確実です。

⇒Yahoo!BB ADSL公式ページはこちら

光、ADSLがダメならあとは携帯のパケット制限無しのプランしか残っていない

ADSLからの乗り換え先を探してみたところ、田舎で選択できるのは携帯回線を使ったパケット制限無しのプランだけでした。

一つはSoftBank Air、もう一つは UQ WiMAXです。

どちらもADSLよりは高くなりますが、アップロード速度が速くなる(はず)です。仕事でデータのやり取りをするイライラから少しは解放されることを考えたら、ちょっとの上乗せでもそれに見合うだけの価値はありそうです。

SoftBank Airなら

  • 完全パケット制限無し(ただし速度制限はある)
  • プラス500円〜1000円で、固定電話と同等の機能を追加可能
    NTTの固定回線とおさらばできる

ということで、田舎暮らしには理想的なインターネット回線といえると思います。圏内ならすぐにでも申し込みたいところです。

⇒Softbank Airの詳細(公式)はこちら

残念ながら、自分の所は完全に圏外・・・何度もソフトバンクに問い合わせていますが、エリア内になる気配は全くありません。

⇒Softbank Airのエリア確認はこちらでできます(公式ページ)

もう一つの選択肢、UQ WiMAXはどうでしょうか・・

  • 3日間で10GBの利用制限がある。
    ※動画視聴1日2〜3時間くらいなら問題なさそう?(試してみたいところ)
  • モバイルルータータイプにすれば、外出時も持ち運ぶことで、スマホのデータ通信量を減らせる⇒携帯の料金をコストダウンできる
  • 上記の場合にLANケーブルを接続できるクレードルを用意しておけば、Wifiルーターにも接続可能

Softbank Airと比べると、これをメインのインターネット回線にするとなると、ちょっと見劣りするのですが、エリアを調べてみると、自分の家はギリギリエリア内にいます。

⇒UQ WiMAXのエリア検索はこちら(So-netさんのサイトより)

↑上記エリア検索ページより、自分の家近辺のエリアマップイメージ・・緑の四角が自分の家。ぎりぎり引っかかっています。

速度がADSLよりも劇的に改善されるなら、導入する価値はありそうです。光が来なくても、ADSLが(もし)なくなっても、UQ WiMAXが使えるなら生きて行けそうな気がします。

そこで、UQ WiMAXに申し込むべく、まずはTryWiMAXという制度を利用して、モバイルルーターをレンタルし、自分の家がエリア内なのかを確認することにしました。

その結果は・・・↓こちらの記事に書いています。

結局山ではどうすればよいの?

TryWiMAXの結果だけ書いてしまうと、ここでは全くUQ WiMAXの電波を拾うことができませんでした(爆)

山ではWiMAXを使用するのは難しそうです。使えるところもあるのですが条件が限られています。

ということなので、結論としては、ADSLをそのまま使い続けることがベストということになりました。

そして、追い打ちをかけるように、現在使用しているプロバイダーから、移転手続きや工事をしなくても(=すなわち空白期間なし)そのままYahoo!BBに移行することが可能、という連絡がありました。

いったい、この悩み続けた数日間は何だったんだろう・・(笑)

なので、うちのインターネット回線は当分の間、Yahoo!BBのADSL回線を使用する、ということになりそうです。

いつかSoftBank Airのエリア内になったら、乗り換えることにしたいと思います。