ADSL終了!代替手段は?光回線の来ない山や別荘暮らしのネット回線はどうしたらよいか [2019年5月更新]

とうとうYahoo!BB ADSLまでサービス提供終了のお知らせがありました。光回線導入の見込みが全くない山の中でADSLサービスが終了したらどうすればいいの?山の中でも使えそうな代替手段を探してみました。結果は・・・やっぱり当面アレを使うことになりそうです。

4860

Yahoo!ADSL終了のお知らせ・・ADSLはなくなります(2019年5月更新)

前よりNTTがフレッツADSLのサービス提供を2023年1月31日に終了することはニュースになっていましたが、今度はソフトバンクがADSLサービスの提供を終了することを発表しました。提供終了日は2024年3月末とのことです。

これはショックです・・

ソフトバンクの提供終了までのスケジュールですが、公式ページによると、

  • 2019年10月以降順次:サービス終了予定日・推奨サービスへの変更手続きの通知
  • 2020年3月以降:一部地域より順次サービス終了
  • 2024年3月末:ADSLサービス提供の終了

とのことですので、早い地域では2020年3月から使えなくなってしまいそうです。

しかし、これは勝手な想像ですが、うちの家のようにSoftbankAirなど代替手段の提供がないところは、当面の間、おそらく提供終了日ぎりぎりまでつかえるものと予想しています。

公式ページのプレスリリースはこちら

詳しいことがわかりましたら、おって記事にしたいと思います。

NTTのADSL提供終了スケジュールはこんな感じ

方で、もう一つのADSL提供業者NTTについては、以前よりアナウンスがあったとおり2023年1月31日で提供終了となる予定です。

ただし、サービス終了は「光サービス提供エリアに限る」との記載がありますので、フレッツ光が来ていない山や別荘などは、そのまま使える可能性が高そうです。それか、無理矢理光を開通させてくるか、ですが・・。

NTT東日本のホームページより(⇒https://www.ntt-east.co.jp/release/detail/20171130_01.html)

NTT東日本は、ブロードバンドサービス「フレッツ・ADSL」(以下、本サービス)について、「フレッツ光」提供エリアにおいて2016年7月1日(金)より新規申込受付を終了させていただいておりますが、関連物品の製造終了による保守物品の枯渇が見込まれること、およびご利用者が年々減少しており、今後もこの減少傾向が見込まれることから、「フレッツ光」提供エリアにおきまして、2023年1月31日(火)をもってサービス提供を終了いたします。

NTT西日本のホームページより(⇒https://www.ntt-west.co.jp/news/1711/171130a.html)

西日本電信電話株式会社(以下、NTT西日本)は、DSLアクセスサービス「フレッツ・ADSL」※1(以下、「本サービス」)について、関連物品の製造終了による保守物品の枯渇、およびご利用者が年々減少しており、今後も減少傾向が継続すると見込まれることから、「フレッツ光」提供エリアにおきまして、2023年1月31日(火)をもって、サービス提供を終了※2※3いたします。
本サービスをご利用中のお客さまにつきましては「フレッツ光」または「光コラボレーションモデル」※4のFTTHアクセスサービスへの移行※5をご検討くださいますようお願いいたします。

なので、フレッツADSL契約者の場合、山奥や田舎すぎて光回線が家に来る予定が全くないようであれば、そのままADSLにしがみついていればOK、ということになると思います。

一度NTTに光回線のエリア確認をしてみるとよいと思います。自分も何度か問い合わせをしていますが、全く開通させる気がないみたいです・・・

光、ADSLがダメな場合の代替手段は?携帯回線のパケット制限無しのプランを選ぶしかありません

分のところは使える限りADSLを使う予定ですが、この際なのでADSLからの乗り換え先を探してみました。山や別荘暮らしで乗り換え先として現実的なのは、携帯回線を使ったパケット制限無しのプランです。今のところ3つの方法があります。エリアと値段で選択することになります。

  • SoftBank Air
  • UQ WiMAX
  • Softbank4G/4GLTE回線のモバイルルーターを「レンタル」する

です。

いずれもADSLよりは月額料金は高くなってしまいます。

Softbank Air


まず最初に考えられるのは、置くだけでインターネットが使い放題になる、SoftBank Airだと思います。SoftbankAirなら・・

  • 完全パケット制限無し(ただし速度制限はある)
  • プラス500円〜1000円で、固定電話と同等の機能を追加可能
    NTTの固定回線とおさらばできる

ということで、田舎暮らしには理想的なインターネット回線といえると思います。圏内ならすぐにでも申し込みたいところです。

⇒Softbank Airの詳細(公式)はこちら

残念ながら、自分の所は完全に圏外・・・何度もソフトバンクに問い合わせていますが、エリア内になる気配は全くありません。

⇒Softbank Airのエリア確認はこちらでできます(公式ページ)

UQ WiMAX

UQ WiMAXはどうでしょうか・・

  • 3日間で10GBの利用制限がある。
    ※動画視聴1日2〜3時間くらいなら問題なさそう?(試してみたいところ)
  • モバイルルータータイプにすれば、外出時も持ち運ぶことで、スマホのデータ通信量を減らせる⇒携帯の料金をコストダウンできる
  • 上記の場合にLANケーブルを接続できるクレードルを用意しておけば、Wifiルーターにも接続可能

Softbank Airと比べると、これをメインのインターネット回線にするにはちょっと見劣りするのですが、エリアを調べてみると自分の家はギリギリエリア内にいます。

⇒UQ WiMAXのエリア検索はこちら(So-netさんのサイトより)

↑上記エリア検索ページより、自分の家近辺のエリアマップイメージ・・緑の四角が自分の家。ぎりぎり引っかかっています。

そこで、UQ WiMAXに申し込むべく、まずはTryWiMAXという制度を利用して、モバイルルーターをレンタルし、自分の家がエリア内なのかを確認することにしました。

その結果は・・・残念ながら圏外で使えませんでした。詳しくは↓こちらの記事に書いています。

Softbank4G/4GLTEのモバイルルーターをレンタル

最後にSoftbank4G/4GLTEのモバイルルータをレンタルする方法です。

  • 1ヶ月300GBまで使える!メイン回線としても使える
  • エリアが広く山でも入りやすい
  • ただし月6,000円程度と高め

こちらを実際にレンタルして使ってみたところ、山奥でもしっかり圏内でしたし、自分が借りたのは1ヶ月で300GBまで使えるという大変衝撃的なプランで、メイン回線としての使用にも耐えうる素晴らしいものでした。これについては別記事で詳しく述べていますのでそちらをご確認ください。

結局光の来ない山ではどうすればよいのか

回3種類の代替手段を検証してみました。
結果、SoftbankAir、UQWiMAXは圏外、モバイルルーターレンタルはメインとして使える容量・速度でしたが高い、ということで、結論としては、ADSLをそのまま使い続けることがベストということになりました。

しかし残念なことに、ADSLの新規申し込みは2019年2月に終了し、その上サービス提供終了のアナウンスもありました。

現在ADSLを使用できている方は、そのままダメになるまで使い続けるのがよい判断だと思います。

ADSL回線を確保できなかった方は、上記のSoftbank 4G/4GLTE モバイルルーターのレンタルがよい判断だと思います。

これらも携帯5Gが開通すれば大きく変わってきそうです。それまでのつなぎとしてADSLをそのまま使い続けるか、モバイルルーターをレンタルして使うか。山でのネット回線は今のところこれら2択ということになりそうです。