別荘のプロパンガス料金が2割以上安くなったお話(ていうか今までが高すぎた)

山奥の別荘地だとプロパンガス供給会社の乗り換えは難しそうですけど、自分のところはできました。高いと感じているようでしたらダメ元でも別の供給会社を探してみる価値はあると思います。今回2割以上削減することができました。

434

山奥の別荘地でもプロパンガス代を安くしたい

分は何カ所か別荘地で設計や居住を経験したことがありますが、今住んでいる別荘地だけは管理会社がガス代も管理費などと一緒に請求、という形がとられています。これはいろいろ理由があると思われますが、「この山奥まで供給してくれるのは、現在契約しているところだけなんだろう」位の気持ちであまり深く考えてきませんでした。

標高1500mの山で越冬すると冬期のガス使用量はものすごく増えてしまい、2019年2月は実績で45㎥も使ってしまいました。これに25,000円くらい支払ってきたわけですが、収入があまり伸びていない現状を考えると、やはりコスト削減をしていかなければなりません・・・この高すぎるガス代を減らせれば少しは楽になりそうです。

とはいえ、ガス使用量を絞るのは寒すぎてつらいので(だいぶ節約してますが)・・・プロパンガス供給会社を乗り換えてみることにしてみました。

最初に現在の供給会社に話をしてみた

り換えとなると当然のことながら工事が必要になるので調整などが面倒です。そのまま同じ供給会社で工事せずにコスト削減が可能なら、こんなありがたい話はないので交渉してみました。別荘地の管理会社が代金徴収を行っているのであれば、その経費が必ずガス代に乗っかっているはずなので、そこを直接契約に変更すれば少しは安くなるのではないか、と思ったからです。

結果は・・・

供給会社から提示された料金は、管理会社経由のそれと全く同じでした。

ただし、管理会社経由の場合は銀行振込のみでしたが、直接契約した場合カードでの支払いが可能になる、とのことで・・・結局コスト削減できるのは、そのカードのポイント分だけ、でした。うーん。これではほとんど意味がありません。

※なお、最終的に今よりもかなり安い供給会社が見つかったので、断りの連絡を入れると・・
「その某社さんは、すぐに値上げしたりしますよ」
「今までの信頼関係とかはなしですか」
「何かあったときに、別荘地の管理会社は何もしてくれないですよ」
など嫌らしいことをいろいろと・・・・
そして最後は
「ここだけ値下げすると、全部値下げしないといけなくなるので難しいです」
のようなことを言っていました。どうやってもこの供給会社では値段が下がらないようでした。

王道の一括比較サイトを試してみた

ロパンガスを乗り換えるときに一番お手軽なのは、一括サイトに見積依頼をすることです。そこで、自分も一括見積もりサイト2社に見積もりを出してみました。こちらとこちらです。

⇒プロパンガス料金比較サイト enepi(エネピ)

⇒ ガス屋の窓口


申し込みは本当に簡単です。「ガス屋の窓口」さんの場合、以下のような感じでした。

↓ホームページの「自動料金診断」をクリック

↓「一戸建て」か「集合住宅」をクリック。

↓ガス使用量と請求金額を入力して「診断する」をクリック

↓すると即診断結果が!「高すぎる料金設定です」とかいうとてつもない煽り文句(笑)

↓同じページの下の方に「無料メール相談はこちら」ボタンがあるので、そのままクリック

↓すると、お問い合わせフォームに移動するので、必要事項を記入し、下の方の「送信する」をクリック。

↓この画面が表示されたらお問い合わせ完了です。

で、結果は・・・

「残念ながらご紹介できる供給会社はありません」
「別の供給会社(※後述)が提示している料金が安いので、そちらで契約された方がよいです」

というメールが届いて終わり。

それ以上の勧誘とか一切なく、あっけなく終了してしまいました・・・残念。

最後の手段は近辺の供給会社にメールで連絡

んな結果で終わってしまうのは大変くやしいので、自分で近辺に営業所がある供給会社のお問い合わせ窓口にメールで連絡を入れてみました。(※なお地域の営業所にはメールしていません。直接はややこしそうなので・・・)

すると折り返しで担当の営業所から電話がありました。おそるおそる単価を確認すると・・・

なんと今より2割以上安い価格!

「えっ?」て聞き返してしまいました。

現在の供給会社に言われた嫌味も確認してみると、6年間供給価格は据え置きですし、ガス切れを起こさないように万全の対応を取らせてもらう、とのことでした。

先ほども書きましたが、最後に念のため別の一括比較サイトに問い合わせてみたところ、ここより安く提供はできない、という返答でした。

これで安心して乗り換えができますね。よかったです。

そして乗り換えました!

り換え先が決まったら、現在の供給会社さんと新しい供給会社さんの工事日程を自分で調整します。午前中に現在の供給会社さんの撤去工事、午後に新しい供給会社さんの設置工事を行えるようにします。ガスがなくなったら困りますので、ここはしっかりと調整します。(別に何も難しいことはありませんでした)

そして、工事終了後、何の変わりなく今まで通りの生活が続いています。こんなことならもっと早くに乗り換えるべきでしたね。どれだけのお金が無駄になっただろうか・・・

※なおここでは供給会社さんについては伏せておきます(別荘地によって料金も違うと思われるため・・)八ヶ岳山麓にお住まいでどうしても知りたいという方は別途メールフォームよりお問い合わせいただければご返信差し上げますが、同じようにならない可能性もありますのでその辺はご容赦ください。

まとめ

ロパンガスはよく言われているように、価格は供給業者が自由に設定できるので、高いと感じているようでしたら、すぐに乗り換えを検討した方がよいです。プロパンガス供給会社さんがよくホームページで標準価格として提示している料金は、最低ラインのことが多いですので、それと同水準であれば、安くなる可能性が高いのではないかと思います。

乗り換えには、ここで紹介したような一括比較サイトを用いるのが手っ取り早いと思います。自分のようにそれを利用しても見つからなかった場合は・・・自力で探すしかありません。それでもメールで問い合わせるだけですので、そんな難しい話でもありません。運がよければ、自分のように激安供給会社を見つけることができるかもしれません・・・

こんな時代なので固定費は少しでも安くできるといいですよね。参考になれば幸いです。

⇒プロパンガス料金比較サイト enepi(エネピ)

⇒ ガス屋の窓口