MacのMailデータを手動で移行した話(macOS Sierra→Mojave)

Macを新しくした or クリーンインストールして一番困るのがメールのデータの移行です。「移行アシスタント」を使うと簡単ですが、ほかのアプリケーションや設定なども一緒にコピーされてしまうためできれば使いたくありません。ここでは移行アシスタントを使わずに、メールデータのみを移動させる方法をシェアしたいと思います。

1590

7年ぶりにMac買いました。メールデータを移行します。

こに来て急にややこしい仕事が増えてきたのと、動画の処理が遅れてしまっているので、とうとう新しいMac買ってしまいました。7年ぶりです。これで仕事がはかどるといいのですが。その前に、データを新しいMacに移行しなければなりません。

今回はクリーンインストールしたつもりで、移行アシスタントを使わずにデータの移行をしようと思っています。Macのデータ移行でいちばんやっかいなのがMailのデータです。これがために移行アシスタントを使ってしまう人も多いのではないかと思います。

そこでいろいろ調べてみたところ、移行アシスタントを使わずにフォルダのコピペだけで移行する方法がありましたのでシェアしたいと思います。実はこの方法、すでにネット上に多く見受けられます。元ネタはAppleの英語のコミュニティーフォーラムなのですが、一部(記事が古いためか)今の環境と異なる情報が記載されており、それがそのまま拡散してしまっているため注意が必要です。

↓元ネタはこちら

移行方法

1以下のファイル・フォルダの中身を古いMacから新しいMacに(上書き)コピーします。念のためバックアップをとっておいた方がよいと思います。

データはすべて不可視フォルダのライブラリの中に入っています。

/ユーザ/「ユーザ名」/ライブラリ/
/Users/[User Name]/Library/

 

Sierra以降の場合、Finderで以下のキーボードショートカットを入力すれば不可視フォルダを表示することができます。

command + shift + 「. 」ピリオド

コピーするファイル・フォルダの一覧です

● Accounts(フォルダ - フォルダ内すべて)
● Containers(フォルダ内の以下のフォルダ)
 ・com.apple.mail(フォルダ - フォルダ内すべて)
● Mail(フォルダ - フォルダ内すべて)
● Mail Downloads(フォルダ - フォルダ内すべて ※存在する場合)
● Preferences(フォルダ内の以下のファイル)
 ・com.apple.accounts.plist
 ・com.apple.accountsd.plist
 ・com.apple.mail-shared.plist
 ・com.apple.mail.plist 
 ・com.apple.MailMigratorService.plist
● SyncedPreferences(フォルダ内の以下のファイル)
 ・com.apple.mail-com.apple.mail.vipsenders.plist

なお、icloudでキーチェーンを共有するように設定している場合は不要ですが、していない場合はPreferenceフォルダ内「Keychains」フォルダの中身をコピーするとよい、と元ネタには記載があります。自分はキーチェーンを共有するようにしていたため、この点検証できておりません。

自分の環境では、移行したデータはこんな感じになりました。Mail Downloadsフォルダはありませんでした。

2再起動してMailを起動すれば移行完了です。
自分は再起動しないままMailを起動して、うんともすんとも言わず焦りましたが、再起動することで無事にデータが読み込まれました。何の追加設定も不要でした。素晴らしいです。

今回自分が行った移行方法は以上です。Appleコミュニティーをみていると、新しい情報がいろいろ追加されていますので、もし上記の方法でうまくいかない場合は、これら記事を参考にしてみるとよいかもしれません。

⇒この辺(https://discussions.apple.com/search?q=mail+migration)

↓こちらもどうぞ