Parrot Bebop2とパソコンをWi-Fiで接続してデータを転送する方法

USBケーブルを使用しなくても、Wi-Fiで本体とパソコンを接続することができます。何かトラブったとき用に覚えておくと便利です。

554
views

日、Macの「写真」アプリでParrot Bebop2のデータを読み込もうとしたところ、エラーが出て転送することができませんでした。内蔵メモリにしかデータ保存できないBebop2は吸い出せないと終わりですので、ちょっと焦りました・・他に本体のデータを吸い出す方法はないものか・・

↑「写真」アプリで突然のエラー・・・内蔵メモリをディスクとしてマウントもできないので、ちょっと困りました・・

いろいろ英語の情報など調べたところ、パソコンとBebop2本体をWi-Fiで接続してFTP転送できることがわかりました。これで上記のエラーは回避でき、無事データを転送することができました。よかったです。

Wi-Fiを使ったデータ転送は、以下の手順で行います。

1パソコンとBebop2をWi-Fiで接続します。パスワードはありません。接続先のリストから、「Bebop2-●●●●●」と書かれているものを選択してください。自動的に接続されます。以下Windows7の画面で説明致しますが、他のOSでも基本的には同じです。

2 Firefoxブラウザを立ち上げます。
インストールしていない方はこちらからダウンロードしてインストールしてください。

3 アドレスバーに  ftp://192.168.42.1 と入力してEnterキーを押してください。表示される画面で「internal_000」をクリックします。

 

4 次に表示される画面で「Bebop_2」をクリックします。

 

5 次に表示される画面で「media」をクリックします。

 

6 この「media」フォルダ(ディレクトリ)の中に動画・写真のデータが保存されています。必要なデータそれぞれについて「右クリック」→「名前をつけてリンク先を保存…」を行うと、データのダウンロードが始まります。少し時間がかかります。

なお、Macユーザーの方は、Bebop2とWi-Fiで接続後、FInderで「コマンドキー」+「K」のショートカットキーを押すと「サーバーへ接続」の画面が立ち上がるので、そのアドレスバーに同じく「ftp://192.168.42.1」を入力して「接続」ボタンを押すと、内部のデータを表示させることができます。あとは、上記と同じフォルダに移動し、ドラッグアンドドロップで必要なデータをコピーすれば完了です。

以上です。パスワード無しで接続可能、というところがちょっと引っかかりますが・・・データを吸い出す他の方法が存在するのはありがたいです。覚えておきたい小技の一つです。