中部横断自動車道 長坂〜八千穂間はいつ開通?ルートは?どこを通るのか調べてみました

中部横断自動車道の長坂〜八千穂高原間についてはあまり情報がありません・・・まだ協議中だからだと思います。ということは開通はまだ当分先。現段階で配布されている資料にルート帯案がありましたので、詳細な地図と重ね合わせてみました。どのへんを通るか近隣住民としては気になる話だと思います。

5087
views

中部横断道の長坂〜八千穂の状況は?

部横断道自動車道の佐久南〜八千穂高原間平成30年4月28日にいよいよ開通します。(詳しくはこちら⇒http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/nagano_00000299.html)自分は、佐久方面に買い出しに出かけることが多く、いつもは141号で1時間くらいかけて行くので、高速道路、しかも無料区間で開通、というのは本当にうれしいことです。特に、片側1車線の佐久穂町付近はいつも混んでいるので、この辺の混雑が緩和されるのは、ありがたいことだと思います。

では・・・その先の八千穂高原から長坂ICまでの残り区間はいつ頃開通なのでしょうか。

ネットで拾ってこれる資料だと、平成29年9月に長野県側の計画調整会議が行われたとありますので、まだルートすら決まっていない状況のようです。(こちらから詳しい資料がダウンロードできます。⇒https://www.pref.nagano.lg.jp/michiken/infra/doro/seibi/kosoku/odan/nagasaka_yachiho_keichokaigi.html)これではあと10年は開通しないですね。そもそも高速建設に反対していらっしゃる人も多そうなので、もっとかかるかもしれません。

※2018年7月追記:第2回長野県側計画調整会議が行われました

2018年7月11日に、長野県側の計画調整会議第2回が行われ、長野県側のルートがより具体的になってきました。↓詳しくはこちらの記事をどうぞ

長坂〜八千穂間のルート帯案は存在する⇒できるだけわかりやすくしてみました

ころで、先ほどの配付されている資料に目を通すと、大まかなルート帯案という物がしめされています。しかしこれ、かなり大まかでどの辺を通るのかよくわからないです。近隣に居住する者としては、高速賛成の方であっても、反対の方であっても、ルート帯案は気になるのではないかと思います。

↑資料から一部引用。これでおおよその位置はわかりますが、それでも近隣住民にとっては、もっと詳しくわかるとありがたいですよね・・

そこで、単純に拡大しただけですが、もう少し道路が詳しく記されている地図にルート帯を重ね合わせてみました。 googlemapの航空写真などに重ね合わせられると良かったのですが、縮尺不明の紙データをgooglemap上に(それなりに)正確に転記する自信がなかったのであきらめました。通常の地図だと著作権の問題もあるので、あまり詳細ではありませんが、著作権フリーの地図、OpenStreetMap Japan (⇒こちら https://openstreetmap.jp)からお借りしました。

↓画像クリックすると2倍に拡大します。約2MBあります。地図の上下が南北方向です。

れを見て一番気になったのが、清里丘の公園近辺にIC候補地とあり、別荘地を大胆にぶった切っているところでしょうか。もしかしたら反対運動されている方は、この近辺にお住まいなのかもしれない、と想像したりします。清里へのアクセス考慮、という話で決まったのだと思いますが、もう少し南側を迂回しても良かったのかもしれません。

というか、清里近辺にお住まいの方ならいつもお世話になっている清里高原道路を高速に再利用するという話はやっぱりダメだったんでしょうか・・・余計な開発は最小限にして、お金がかからない方法で進めるのが一番だと思っています。

はいっても、もうおそらくルートは決まっていて、案外、以下の勝手な予想図のように無情にも最短距離で工事されるのではないかと思っています。(さすがに鳥獣保護区を分断しての最短距離コースはないのでは、と思いますが・・)

個人的には、先に野辺山まで、長野県区間の延伸だけでも行っていただけるとありがたいと思っています。山梨県側の国道141号は、野辺山から中央道須玉ICまではそれなりに整備されていますし、野辺山から北の長野県側、特に市場坂の下から佐久穂町の間は、国道のバイパスもなく狭い片側1車線が続きますので(しかも高齢者の多い生活道路になっている)、その改善の意味でも、長野県区間の延伸は早期実現を・・と思っています。

できれば生きているうちに開通していただけるよう、いろいろなことがスムーズに進めばいいなと願う次第です・・・