キッチン水栓(2ハンドル混合栓)を自分で交換する方法。壊れやすいのでシングルレバー混合栓は選択しない

キッチン水栓(2ハンドルタイプ)の交換は作業内容としてはそれほど大変ではありません。が、水浸しになるので、そういうものだと覚悟して作業する必要があります。レバー水栓にしたいところでしたが、長持ちさせたいので丈夫な2ハンドル混合栓を選択しました。よくよく思えば必要性を感じなかったのでこれでOKです。

72
views

26年使ったキッチン水栓の吐水口付け根から水が漏れる

造がシンプルで丈夫な2ハンドル混合栓ですが、26年も使用するとさすがにガタがきます。吐水口の付け根から水が漏れて止まりません。分解して調べてみると、付け根部分の金属がすり減ってしまっていました。26年も経つとこんなになってしまうんですね・・・これではパッキンを交換したところでどうしようもないので、交換することにしました。

↑吐水口の付け根から水が漏れる
↑吐水口の付け根。わかりにくいですが、内側のパイプ部分の上半分がかなり摩耗しています。

シングルレバー混合栓は必要か?

手でお湯の温度変更ができて、水の出る出ないをワンタッチでコントロールできるシングルレバー水栓は便利ですが、レバー部分が壊れやすいように感じます(個人差あります)。

レバーの上下だけで水の出をコントロールできるので力を加えずに済み楽なのですが、逆に、その構造ゆえに上下させる際に余計な力が加わりがちです(急いでいると加減して操作しなかったりする)。それによってカートリッジが破損し、水漏れが発生しやすいようです。

年を取ってきたらまた別でしょうけれど、まだ蛇口をひねる握力は健在ですので、耐久性を考えるならあえてレバーにする必要はなさそうです。

もう一つ、レバー水栓で温度調節をする必要があるかどうかですが、シンクのすぐそばに給湯コントローラーがあれば、そちらで湯温をコントロールできるので、水栓で水とお湯を混ぜて温度調節する必要がありません。

↑通常、このようにキッチンのそばに給湯コントローラーが設置されている(はず)

お湯がほしければお湯をひねればいいですし、要らなければ水をひねって使う。熱いお湯がほしければガスのコントローラーの温度を上げ、ぬるい温度のお湯がほしければコントローラーの温度を下げる。しかもデジタルで正確に温度を設定できる。このほうが使い勝手がよいです。

というわけなので、レバー水栓にする必要は全く感じられず、交換する水栓はこれまでと同じ台付き2ハンドル混合栓を選択することにしました。

2ハンドル混合栓は選択肢が少ない

ッチン水栓の主流はシングルレバー混合栓です。いまさら2ハンドルを選ぶ人は少ないようで、選択肢が限られています。しかしこのLIXILの2ハンドル水栓なら、まだデザインはまともなので、多分交換するならこれ一択になりそうですね。自分のところはTOTOの水栓がついていたのですが、こちらのLIXILの水栓でも問題なく交換することができました。値段もシングルレバー混合水栓より少しだけ安かったです。

交換する水栓の選定の際には、念のためシンク下からお湯と水の配管の距離を測定しておきます。購入したい水栓の図面をメーカーサイトからダウンロードして、それと一致することを確認してから購入するようにします。

⇒LIXIL SF-7130-Uの図面はこちらからダウンロードできます。(リンク先で「外観図」をクリック)

↓水抜き必要な寒冷地の方はこちらを選択

↓取付に必要な専用工具はこちら

↓ちなみにTOTOの台付き2ハンドル混合水栓はこんなの。安いですけど・・・

作業のポイント

回りのことなので、最も気をつけなければならないのは水漏れです。今回、これで結構難儀しました。

まず、既存の水栓を取り外すときに、水栓内に残っていた水が派手に漏れます。バケツで受けるとよい、などの話もありましたが、配管が邪魔になりバケツで水を受けることはできません。なので、水漏れを覚悟して、シンク下部収納内部はすべて片付け、雑巾も大量に用意しておくとよいです。

もう一つは、交換した水栓のナットを専用工具で締め付ける際に、思い切り力を込めないと止水栓を開けたとき確実に漏れます。締めたつもりでも、水がナットの隙間から派手に漏れてきます。自分が購入した専用工具は力が入りにくかったので、モーターレンチと組み合わせて使用し(後述)ガッチリ締め上げると水漏れが止まりました。なお、この水漏れもバケツでは防ぎようがないので、雑巾を大量に用意して拭き取るしかありません。

↓このモーターレンチは水回りをDIYするなら持っておいた方がよいです

 

最後に、専用工具(立水栓締付工具)は必要でした。これがないと作業できないので、水栓と一緒に購入しておきます。

ポイントは以上です。

一見難しそうなキッチン水栓交換作業ですが、作業内容自体は簡単ですので、水が漏れることを覚悟する、専用工具を使用する、力を込めて締め上げる、この3点に気をつけさえすれば、自分で交換することもそんな問題ではありません。

業者さんに頼むと3万とか5万とかかかってしまいます・・ネットで安く仕入れてきて自分で交換すると数万円節約できます。

以下作業の様子です

↑01 LIXIL (INAX) SF-7130-U と 専用工具 KG-1 買いました
↑02 寒冷地仕様なので、逆止弁無しです
↑03 最初にシンク下の止水栓を閉めます。手で締めても水がぽたぽたと漏れていたので、モーターレンチで壊れないように止まるまで恐る恐る強く締めていきます。
↑04 水栓の取付部分(キッチンシンク下からの見上げ。右側が上になります。以下同じ方向)配管がが保温材にくるまれています。
↑05 保温材を取り除く。あとで再利用するので丁寧に外す。すると凍結防止帯が出てくるのでそれもとりはずす。
↑06 全部取りはずすとこんな感じ。
↑07 止水栓と水栓をつなぐフレキの配管を、下からとりはずしていく。下のナットを緩める。
↑08 フレキの配管を外すと当然のことながらシンク下は水浸しに。バケツ用意したのですが、配管が邪魔で水を受けられませんでした(笑)
↑09 上のナットを外すにはこのような専用工具が必要。
↑10 フレキ配管を留めているナットを専用工具で緩める
↑11 配管を取り除き、水栓・座金・パッキンを固定しているナットを専用工具で緩めて外す。
↑12 その上の菊座金・パッキンはぴったりとキッチン側にくっついているので、マイナスドライバーなどの硬い物をこじいれて取り外す。
↑13 これで水栓を取り外せる状態になりました
↑14 水栓を上に引っこ抜く・・汚れてます
↑15 きれいにお掃除(シール部分の汚れはご勘弁)
↑16 新しい水栓を差し込む!
↑17 パッキン・菊座金・ナットの順に取付。ナットは手で軽く締めておき、水栓がきちんと壁と平行に取り付けられているかを確認する。ずれていたら修正する。
↑18 ナットを専用工具で本締め
↑19 フレキ配管を上・下の順で取り付ける。自分はもとのフレキ配管のパッキンを再利用しましたが・・
↑20 案の定水漏れ発生(笑)上のパッキンだけ水栓に付属していた新しい物に交換しましたが、それでも水が漏れる。どうやら締め付けが緩いようです。
↑21 専用工具だとどうしても力が入りにくいので、モーターレンチと組み合わせます。専用工具をモーターレンチで挟み込む。
↑22 専用工具が頑丈なので、モーターレンチで挟んでひねっても全然問題なしでした。力がぐっと入りやすくなります。これでしっかりと締め上げると、水漏れは止まりました。
↑23 水漏れがなくなったことが確認できたので、元の通りに凍結防止帯をはりつけ保温材を巻いて完了です!
↑24 完了!いい感じです。結構な達成感(笑)