薪ストーブでペレットを燃やしてオーロラバーンにする。

薪ストーブでペレットを燃やすのは難しいですが、ペレット燃焼バスケットを使うととてもよく燃えます。オーロラバーン(オーロラ燃焼)にすることも可能です。薪をペレットに代えてランニングコストを削減することは可能か・・・?実際に厳冬期に燃やしてみましたので感想をシェアします。

2719
views

ペレット10kgは、薪一束とほぼ同等コスト

ストーブを使っていて悩むのが燃料のコストだと思います。うちではガスストーブも併用していますが、寒いときは1日で薪を一束使ってしまいます。薪一束がだいたい500円くらい。

ペレットの方が安そうだし、森林環境保全にも役に立つということで、ペレットが薪ストーブでどのくらい燃えるのか試してみました。ちなみに、地元の森林組合でペレットを購入すると10kg540円でした。薪一束と同等のコストです。ペレットは森林組合に自分で買いに行くのが一番コストが安いです。

ネットだと、送料込みで800円弱/10kgのところが最安値っぽかったです。

↑買い出しの帰り道にある森林組合に寄って購入。車まで運んでくれました。地元の森林の保全のためにも、できるだけ地元で購入したいところ。ただ・・もうちょっと安くなってくれるとうれしいですね・・

↓ネット販売のペレットをかなり頑張って調べてみましたが、ここが一番安く、これ以上は安くなさそうでした。20kgで送料込1560円。(ただし、原材料はヨーロッパ産オウシュウアカマツ、ホワイトスプルース等だそうです)重たいものなので送料がかかってしまうのは仕方がないですね・・

薪ストーブにそのままペレットを入れてもあまり燃えない

念ながら、薪ストーブにペレットをそのまま投入してもあまり燃えません。すぐに消えてしまいます。仕方がないので、ペレットを薪ストーブで燃やすためのバスケットを探してみました。2〜3万円するものしかないかと思っていましたが、よく探すと、5000円程度で購入できるものがありました。早速購入してみました。

割と単純な構造です。ステンレスのパンチングメタルを折り曲げて加工して、空気が下に入りやすくなっています。
これにペレットを山盛りにして、薪ストーブ内に投入します。

着火剤がなくても、段ボールや枯れ枝、新聞紙を焚き付け用にペレットの上に載せて着火すると、しばらくの後、ペレットに燃え移ります。


勢いよく燃えてくると、薪ストーブの温度もどんどん上がってきました。

十分に温度が上昇した後、空気穴を全閉にすると、「オーロラバーン」にすることもできました。

動画もアップしましたのでどうぞご覧ください。

ペレットは薪の代わりになるか?

やしてみた印象では、大量に投入すれば薪とかわらないくらいの熱量は発生するように感じました。ただ、大量に、というところがポイントです・・・ペレットを本気で燃やし出すと、1日に10キロ、1袋は軽く使ってしまいそうでした。コストパフォーマンスという点では、薪と比較してどっちがお得か・・・ちょっと正直よくわからないです。

また、購入したペレット燃焼バスケットが、薪ストーブサイズに比較して小さかったようで、頻繁にペレットを投入しないとストーブの温度を維持することが難しいです。その頻繁に投入する、という煩わしさがちょっと気になってしまいました。

最終的には、うちでは薪とペレットを併用する、ということで落ち着いています。ペレットは最初に入れておくと、燃やし始めの炉内温度を素早く上昇させるのに役に立ちますし、長時間燃焼させたいときは、薪を使用する、というように使い分けています。

で、ペレットバスケットが必要かという話ですが・・・ペレットを燃やそうとするとどうしても必要になるので、ペレットを燃やすことに興味があるなら導入して損はないと思います。また、バスケットの上で薪を燃焼させると、空気の供給がよくなるので薪もよく燃える、という思いがけない効果もありました。バスケットの中に燃えた薪を入れて火床にすることもできるので、結果的に大変役に立つグッズであることがわかりました。

これからどんどん寒くなり、燃料費が気になる季節になってきました。薪ストーブを使っている方は、ペレットも燃やして効率のよい燃焼をめざしてみてはいかがでしょうか・・・

↓他にもこのようなタイプのバスケットもあります(ちょっと高いですけど)